So-net無料ブログ作成

電球の話

デスクライトの電球が切れたので買物ついでに家電屋さんに行きました。
私の使っていたのは東芝製で、同じようなの購入すればいいんだろうと思って軽く考えて売り場に行ってみると・・・、う~む、困った、同じなのかどうか、似たようなのが複数種類あって訳が分らん。

それに口金E26だの何だの、60形がどうのこうのと、これは一体なんじゃらほい? 現物持ってきてないので店員さんに聞いても対処できないのでは。
仕方ないので家に戻って、電球持って出直しました。

使っていた電球の型番らしきものは、EFD15ED/13、ネオボールZという代物でした。
EFD15ED/... というのが複数種類、/13とは?/12というのもあるけど、これでもいいのん?
ふ~む・・・、やはり、よく分からんので店員さんを呼んで、あの~、これ切れたので買いたいんですけど~。 店員さんは、これとか、これとか、少し短いですが見栄えが気にならない場合はこれでもいいでしょう。 ふむ・・・、店員さんにお礼を言って、ずいぶんと値段に差があるけど何でじゃ?と思いつつ ま、一番安いのでいいやとレジに行きました。(オーム電機というメーカーの458円)

しかし、どうも腑に落ちない、家庭で使う電球なんか、あんなにややこしくして何種類も必要なのでしょうか? 

購入したのは前のネオボールZと同じEFD15ED、何かの型番らしいことは分かります。
調べてみるとEFDというのは種類形状のことらしく、EFA、EFG、EFR、EFT、EFTCなど、シャンデリアとか用途で種類が分けられて色々あるようです。 本当にややこしいですが、形状が違えば機器に装着できないかも知れないので要注意です。
因みに、EFAは発熱電球と同形状、EFDは蛍光部が露出しているもので、バーか何かのネオンサインみたいに曲がっていたり螺旋状になってたりするタイプです。

メーカーサイトやネットショップから拝借した画像で、左端がEFA、中央と右がEFD
1.jpg

それじゃさ、EFD15EDの15とはなんじゃらほい?
定格電力のつまり電力の大きさのことだそうですが、それぞれの機器には発熱の耐久度があるわけですから、想定以上の熱を加えると壊れたり溶けたり最悪燃えたりするかも知れないので、これも要注意です。 同じ数字か、それより低いものがあるなら、それでも問題ないのだと思います。
購入した電球も以前と同じ15ですから店員さんは正しく選別していたということです。

EFD15EDのEDとは?
EL、ED、ENなどと表記されてますが、光源色、つまり光の色がこれで判別できます。
EDは昼光色で集中力を高めるらしいのでデスクライトはこれかな。 ELは電球色でリラックスさせる効果があるそうです。 ENは昼白色でもっとも自然に近い色とされ、たぶんナチュラルのNです。

EFD15EDの後に/12とあって、前のネオボールは/13でしたが、これ何?
これは消費電力の数値だそうです。

じゃあ、60ワット形とは?
これは60ワットの明るさがあるということらしいのです。 たとえば、EFD15ED/12だとすれば、12wで60wの明るさが想定されるということだと思います。

口金とはなんじゃらほい?
電球の根本の照明機器に取り付ける部分で、今回買ったE26口金や、他にE17口金とかあるそうですけど、この数字が口金のサイズです。 ネジ込むようになってますね?

ほお・・・、そうだったんか。
概ね、これで一般的な用途の電球を選ぶ際の説明ができたと思いますが、取り替える場合はよく調べて、お店で直接買うなら念のために店員さんに相談して購入してください。

また少しだけ賢くなったSina。

コメント(0) 

同一労働同一賃金は早くも挫折

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012401351&g=eco
非正規社員の待遇改善を図るらしい働き方改革の法案でしたが、1年延期する方向で調整していることが判明しました。

企業の人事の多くは同一賃金を歓迎していません。
一見良さそうな法案なのですが、そもそも、同一労働というのがどこからどこまでを同一にするのか分かりませんし、当然人件費も上がります。 収益が高いところは良いかも知れませんが、そう簡単にはいかない企業はお金が無いのですからどうにもならないのです。
根本的には何も解決できないでしょう。

失敗するだろうし、最初から口先だけの思い付きです。 どうせ吟味もせずに、単にウケが良さそうなので そんなことを言ってみただけの法案です。

コメント(0) 

中国で人気の日本人元ポルノ女優

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42699140
少し古い記事ですが、蒼井そら氏という元ポルノ女優さんがソーシャルメディアで婚約を発表し、中国のファンから48時間で17万件ものコメントが寄せられて祝福されていたそうです。

有名な方なのですか?
なかなかの人格者らしく、中国男性から慕われ、作家の黄文葦氏によると政治的にも日中の緊張緩和に貢献してきたとのことです。 また、性教育が遅れていた中国で、一部の中国男性にとっては先生とも言える存在だったようです。

ふ~ん、ポルノ映画が性教育に役立つとはとても思えませんが、緊張緩和の役割を果たしたと言うのはその通りなのかも知れません。

蒼井さんによると、結婚相手の男性はお金が無くイケメンでもない人物で、蒼井さんの、利得で物事を選択することのない素朴な人柄も好感が持たれているのでしょう。 ま、中国でそんなに人気がある人ならお金は沢山稼いだでしょうから、金銭面で結婚相手を選ぶ必要はないです。

どのような形にせよ、平和への貢献は有難いことです。 自分たちのために必要以上に脅威を煽る日本政府の高官たちにも爪の垢を煎じて飲ましたほうが良いです。

コメント(0) 

GPUが高騰

世界的に品薄状態で、ひと月前と比べると、3万円くらいだったボードが5千円~1万円くらい値上がりしています。 この時期は高くなりがちでしたか?
それはそれとして、グラフィックボードは去年のいつ頃からか需要が拡大していったのですが、その理由が仮想通貨・暗号通貨をPCでマイニング作業をするためらしいです。

グラボがどうして? そもそもマイニング(採掘)とはなんじゃらほい?
私は詳しくありませんけど、例えば、ビットコインの場合、取引記録が台帳に追記されると新たに仮想通貨が発行されるのですが、この追記処理作業にPCを使って参加し、追記処理が成功したら仮想通貨の報酬が支払われるという仕組みなのだそうです。
こうした追記処理のための重要なPCパーツがCPUよりもグラフィックボードというのを知ると仮想通貨の利用者が買いあさり始めたのです。

グラフィックボードは1枚より複数枚設置したほうがよく、通貨との相性もあるようですが、普段はゲームをしないような人も、マイニングのために高性能の、あるいはそこそこの性能を備えたグラフィックボードを購入しているために需要が高まったというわけです。

ふ~ん?
熱心な人はマイニングのために数十万円のPCを購入したり組み立てたりしているそうですけど、それを使ったとしても、電気の消費量も上がるので値段に見合った儲けが出てくるとは思えませんけどね・・・。
それでも、グラボを2枚以上取り付けて24時間PCを焚き続けてるなら一年か二年くらいで元は取れますか? 節電で寒い冬を我慢して過ごしているお年寄りがいるというのはさておき、数十万儲けるそんな道楽に興じるのも悪くないかも知れません。

グラフィックボードって、ゲームしない人にはディスプレイに映ってナンボのものという代物だと思っていましたが、いろいろと訳の分からないことに使われるものです。 しかし、メーカーはゲームをさせるために性能の良い製品の開発を進めているわけですし、本来の使い方をしたい人が買えなくなったりして迷惑しているのでは。

コメント(0) 

国際社会から足を踏み外すぞ

https://this.kiji.is/325573671761560673
NGO ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のフィン事務局長は、15日の広島の講演で、核兵器禁止条約に参加しない日本を国際社会から足を踏み外していると批判しました。

フィン事務局長は、広島、長崎以外で核兵器が使用されても良いと思っているのではないか?と指摘し、日本は国際社会の仲間外れになる危険があると語りました。

日本政府は、トランプ大統領の顔色を考えて条約に参加しないのでしょう。
宣伝好きな安倍首相の性格からして、ノーベル賞の授与者ともなると無理をしてでも会談に応じるところですが、今回は相手が相手だけに暇がないことにしたのです。
そういう人です。

実は、ICANは日本政府に面会を求めたのは初めてではなく いつも断られているのです。 今回もフィン事務局長は失意のうちに帰国することになります。
フィン事務局長滞在時の首相の日程を見て察するに、多少は厳しいかも知れませんが面会が不可能なほどではなかったので、姑息にも逃げたのが見え見えです。

安倍首相が国際平和を語る時ほど馬鹿々々しく思うことはありません。
フィン事務局長だって首相が口先だけの人間だというのを見抜いている筈ですが、唯一の核被爆国である日本には、核の廃絶に向けた国際社会のリーダーとなって立ち上がって欲しいという強い思いがあるに違いありません。

コメント(0) 

ドヌーブ氏、謝罪

http://www.bbc.com/japanese/42688307
カトリーヌ・ドヌーブ゙氏は性的暴力の問題で、無実の男性まで糾弾されているとしたル・モンド紙への公開書簡について、加害者を擁護するものではなく、被害者たちが不快に思ったなら、その女性たちのみに対して謝罪すると表明しました。

被害者にとっては、ドヌーブさんたちの書簡は聞き捨てならないことに思えたので、批判も少なくなかったのでしょう。 加害者の行為が犯罪なのか、本当は大したことではないのに女性が騒いでいるだけなのかは微妙なものです。

たとえば、最近、ダスティン・ホフマン氏も、本人が覚えていない昔のことを持ち出されて批判されていましたが、当時は単なる冗談程度で済んでいたことらしいです。
女性にとっては不快なことではあるけど、被害者だという女性は、恐らく最近の性的暴力を糾弾する風潮に促されただけのことで、ホフマンさんの人格を貶めるような問題ではなかったのだと思います。

コメント(0) 

黒塗りは人種差別

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/13/black-face_a_23332803/?utm_hp_ref=jp-homepage
大晦日に放送した番組で、ダウンタウンの浜田氏がエディ・マーフィー氏のマネをしたのが人種差別で、相方の松本氏は面倒臭いので浜田が悪いでいい、と言ったそうです。

ほうほう、バラエティ番組の類は殆ど見ないのですが(食事時などで見ささることも多いけど)、こういうことがあったのですね。 松本さんは、たまには穿ったことを言うようですが、面倒臭いので浜田さんを悪者にするのが一番なのはその通りだと思います。

エディさんは黒人ですし、浜田さんは馬鹿にしたのではなくて、お客さんや視聴者を笑わせるためにしたのでしょうから問題ないとは思うのですけど、やはり、不快に思う人も少なくないだろうから避けたほうが良かったでしょう。
わざわざ批判されがちな黒人の真似をして笑いを取ろうとしたのは浜田さんの、あるいはそれをさせたスタッフの落度だと言えます。

だけど、浜田さんを擁護してあげれば、これはトバッチリの何ものでもありません。 黒人を馬鹿にして真似をしていた白人がいたのが悪いのあって、白人が黒人を虐げていた歴史が原因です。
そもそも、日本では黒人が珍しい存在で、接することも滅多になく、差別はなかったのですから与り知らないことです。(もっとも、特に高齢者の中には、日本人とはっきり違いが分かる黒人や白人に近付くのを嫌がり、恐らく怖いので差別的な態度を取ってしまう人も少なくありません)
本当は罪はないけど、今後は気を付けていただきたいと思います。

つまんないことで騒ぎ過ぎですね。
マスコミと世間は、もっと騒ぐべきことがある筈です。

コメント(0) 

新たなピューリタリズムの波

仏の女優カトリーヌ・ドヌーブ氏など、著名な女性たちはル・モンド紙の公開書簡で、昨年から燃え上がっている性的スキャンダル問題について、過剰に反応するあまりに沢山の男性たちが犠牲になっているとし、これらの糾弾で、女性が無力で慢性的な被害者であるかのような風潮が出てきているとしています。
http://www.bbc.com/japanese/42631653

今回の公開書簡は、多くの男性が、膝を触っただけで、あるいは誰かをキスしようとしただけで罰せられて職を追われたことを指摘したということです。

・・・キスしようとしただけ?
日本の場合だとキスは問題ですけど、フランスでは挨拶ですから大したことはないというのは分からなくもありません。・・・ま、時と場合によりますか。
女性を口説くのは、たとえ、しつこくされても犯罪ではないと言うのはどうでしょうね? 口説く以上のことをしなければ犯罪とは言えませんが、何れにせよウザったいですし迷惑です。

公開書簡を提出した女性たちの主張は御尤もなところもありますけど、やはり微妙なところです。
たしかに、映画界を中心に過剰に反応し過ぎているような気はしていますし、性的な意図がないのに訴えられた男性もいるかも知れません。
しかし、もしも、キスや膝を触るのが問題ないと言うことになるなら、被害者が明らかに変だと感じても、加害者の男性は挨拶の何が悪い?膝を触っただけだと言い張ることができるでしょう。 あげくは、キスして膝を触ったけど拒む様子を見せなかった、挑発的だった、承諾したものと判断したとか言いそうです。
これでは解決にはならずに、また同じ問題が持ち上がって堂々巡りみたいなことになります。

そうですねぇ・・・、ドヌーブ氏らの主張を認めるとしたら、男性側の意識も変えなくてはならないかな?と思います。 男性はキス(キスを公然の習慣とする国の場合)はもちろんのこと、親しい女性以外には出来るだけ触らない、用事があって後ろからポンと肩を叩くくらいは問題ないですが、不必要に余計なことをしないように心掛けるのが肝要です。

コメント(0) 

CPUの脆弱性

少し混乱が収まってきたような雰囲気もありますが、いま世界的に騒がれているのが、年明け早々にgoogleの研究チームが発表したCPUの3つの脆弱性です。
https://googleprojectzero.blogspot.jp/2018/01/reading-privileged-memory-with-side.html
・・・う~ん、日本語で書かれていたとしても分かり難いのに、英語だともっと分からん。

つまり、CPUの脆弱性を利用して、OSが管理しているメモリ領域、「カーネルメモリ空間」を覗くことを可能とし、パスワード、アカウントを盗むことが出来ると言うことらしいです。

Variant1、Variant2、Variant3 という3つの脆弱性があるということですが、Variant1はOSレベルのアップデートで既に対策され、Variant2、Variant3 はIntelのCPUで影響がありますが、AMDのCPUについては、ほぼ問題は確認されないとのことです。
どれがどれに影響があるのか非常にややこしくて、アップデートなどで対策を施した後に、パフォーマンスに若干の影響があるとか、PCが起動しなくなる場合があるなどの報告もされていたようです。
Variant3 がもっとも脅威とされ、iOSは対策済みで、Androidとwindowsは対策がされつつある? という具合に各社まちまちの感じです。

ま、とにかく、AMDならほぼ危険がないのですね?
私のPCはたまに使うノートはIntelだけど、デスクトップはAMDなのであまり心配することは無さそうですが、特にIntelを御使いの人は、アップデートを怠らず、しばらく間、わけの分からんURLをクリックしたり信頼できない怪しげなプログラムは動かさないように御注意していただきたいと願います。

追記:情報が錯乱しているようで、windowsは既にWindows Updateで対策済み、ただし、Variant2 はBIOS(UEFI)のアップデートにより完全な対応が可能となるらしいです。
メーカーサイトで確認してみてください。
私はAMDなのであまり関係はないだろうけど、新しいbiosが出てたので一応アップデートしておきました。(ただし、今後発売される予定のCPUのための更新のようで、脆弱性に関するものが含まれているのかどうかは不明です)

コメント(0) 

叩くなら今のうちだ

北朝鮮を空爆せよ、と語るのは米CSIS戦略国際問題研究所シニア・アドバイザーだというエドワード・ルトワック氏です。 ルトワック氏は日本でも何冊もの著作が出版されているその方面の専門家です。

ルトワック氏によると、北朝鮮の核ミサイルの脅威は誇張であり、今のところ、その軍事技術は高い物ではなく、米軍が核施設への空爆を躊躇する理由は、軍事行動を起こしたくないための口実だとしています。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9271_1.php

軍事行動を起こした場合、中国がどう出てくるのかが心配されるところですが、ルトワック氏は、国連で採択された経済制裁の強化を中国は支持し、北朝鮮を見放し始めているので軍事的に支援することは無いだろうと考えています。

私個人としてはあくまでも会話で解決すべきだという考えを支持しますが、これも、五木寛之氏が語っていた予測不能な事柄なのでは。

コメント(0)