So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

リカちゃんの出生届

http://www.asahi.com/articles/ASKCZ54ZBKCZUTIL02V.html?ref=regmag1712_wmailm_1208_11
東京葛飾区が、子供が増えるきっかけになってくれればという願いを込めて、13日からリカちゃんのオリジナル出生届1万枚を無料配布するとしています。
 
ちょっぴりあわてんぼうな小学5年生のリカちゃんによる ちょっぴり楽しくなるお話ですけど、子供が増えないのは、人形ごときが後押ししたところで解決出来ないような理由があります。 何かの人気キャラクターなどを使ったからと言って子供が増えるきっかけにはならないでしょう。
「リカちゃんの出生届があるから子供作るかぁ」なんてことにはなりません。

そういえば、リカちゃんはフランスの観光親善大使だったんですね。 でも、フランス人の多くは未だにバービー知っててもリカちゃんは知りません。
ちょっと前までは、現地のフランス人は日本人の買い物を拒否するほど嫌っていたようですが、今は事情が異なります。 フランス観光開発機構は、使えるものは何でも利用して日本人観光客を呼びたかったのです。

コメント(0) 

QAvimator Bento

https://bitbucket.org/QAvimator_Team/qavimator-beta/wiki/Home
その昔、ここはオンラインゲームの second life のブログだったのですけど、最近はすっかり忘れていました。
QAvimatorのアニメーションツールがbentoに対応していましたので紹介します。

因みにbentoとは何かと言うと、mesh製アバター(キャラクター)の複雑なアニメーションを作成するための骨格で、QAvimatorという無料のツールがサポートしたと言うことです。
作者さん、有難うございます。(I thanks developer)
使い方はQAvimatorを使ったことがある人なら直感的に分かるのですが、簡単に説明しておきます。

QAvimatorをインストールしたら起動させ、file を押し、Bento.avm を開きます。
Edit Partで骨の関節部分、頭部がmesh製であれば目や口などの詳細な部位を指定できるので、X、Y、Zの各Rotationで動かして行きます。
アニメーションが完成したら、fileを押して、Save As...で拡張子をBvhにして保存、後は今まで通りにsecond lifeにアップロードすれば良いです。
1.jpg
2.jpg

と、まあ、実は使い方を把握してもいない私が説明すると単純に見えるかも知れませんが、複雑で自然なアニメーションを作成するには、けっこうな熟練が必要になると思います。

smokingアニメを作ってみました。


コメント(0) 

NHKの受信料契約を義務化、いいえ違います

http://toyokeizai.net/articles/-/200361
受信料契約の訴訟で、最高裁はNHKの受信料支払い要求を合憲だと判断しました。

被告に受信料を支払わさせるのは合憲という判決が下されましたが、NHKが合憲だと判断されただけで、契約を拒否できないと考えるのは早計です。 法律が変わったわけではありません。
拒否している人は、今までと同じで拒み続ければそれで良いのです。

契約した人のみ視聴できる制度にすれば良いなどとグチをこぼしても仕方ありません。 そんなことしたらNHKにとっては今までの美味しい商売が破綻してしまいますし、政府も何かと都合の良い放送局を存続させたいので なかなか難しいと思います。 

NHKが負けるのを期待していた私もニュースを聞いた時は残念に思いましたが、NHKから国民を守る党の立花孝志氏がyoutubeで熱弁を奮っていますので御覧ください。 実は判決の主文でNHKは敗北しているのだそうです。
NHKを拒否し続ける強者たちは、今後もあの ” いやらしい受信料支払いハラスメント ” に抵抗してくださいませ。
https://www.youtube.com/watch?v=r0taOtifX2A

裁判所にまで行かされた被告の男性はお気の毒に思いますが、TVや新聞の報道は勘違いしてしまいますね。
1.jpg
コメント(0) 

BBCnewsがトランプ政権ロシア疑惑を要約

誰がどこでどうして誰と繋がったと言うのか、ややこしい話ですが短く纏めてくれています。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42218253

たぶん有耶無耶になるとは思うのですが、大統領周辺は御家族共々ちょち臭いですね。

コメント(0) 

ブレーメン市の賢策

訂正:ブレーメンをハーメルンと勘違いしていましたので間違い部分を削除しました。 間違いを信じた御方がいましたら申し訳ありませんでした。
ブレーメンは、笛吹き男ではなくて音楽隊でしたね。

http://www.bbc.com/japanese/video-42162017
トイレに行きたくなったけど近くになくて困ってしまうことって たまにありますよね?
公衆トイレがあっても、利用者がだらしなくて汚かったりとか、印象はあまり良くありません。

ブレーメン市は公衆トイレの数が不足しているものの、増やすにしても管理費などで財政を少なからず圧迫することになります。 そこで思いついたのは、飲食店などのトイレを公衆トイレとして利用させてもらって費用を軽減するという方策ですが、これにより、お店の経営者にもお金が入って、ブレーメン市としても6000万円の節約ができるようになったということです。

ま、不満に思うお店の人もいましたが良いアイデアだと思います。 日本の政治家も、金ない金ないと国民から税金を取ることばかり考えてないで、少しくらいは頭を使って合理的な提案を出していただきたいものです。

よしなに

コメント(0) 

慶応大学ならレイプOK

昨年9月、慶応大女子学生に酒を飲ませて性的暴行を加えたとして、同大学の男子学生6人が書類送検されていましたが、28日に不起訴となりました。

加害者とされる慶応大男子学生たちは、被害者女性にサークル活動の後片付けに参加させた後、アルコールを飲まして強姦し、動画を撮影して学校内に拡散したと言います。 被害者女性は大学で事情を説明しましたが、大学側は被害者の訴えを あまり相手にしたくなかったようです。
加害者側は、例によって合意だったといったふうな主張をし、その他にも姑息な手口で女性側に非があるかのような印象操作をしています。

ふむ・・・。加害者の一人は大物政治家の親族らしく、事実だとすれば、恐らくは権力とお金に物を言わせて示談に持ち込んだのでしょうけど、確認はできないものの、それだけで済まされない場合には検事を買収することさえ あり得ないことではないと思います。

OK、日本は腐りきっています。

コメント(0) 

コーヒーでバスが動く

英国のバイオビーンという企業は、コーヒーの出し殻から抽出するバイオ燃料の事業に乗り出し、ロンドンバスに利用するとしています。
https://www.cnn.co.jp/business/35110771.html?tag=cbox;business

いろいろ面白いものが出てきますね。 
クリーンな燃料を製造するのに、本末転倒なことにならないのなら良い事業だと思いますが、バイオ燃料は単価が低いわりには、施設が大掛かりになると聞いたことがあります。

可能性が大きいのは米国とされ、1日4億杯も飲まれているのですね。 日本も一人当たりの消費量はかなり高いのですが、米国人は毎日4億杯も飲んでいるんですか? ワインとともにコーヒーをたくさん飲んでいるような気がするフランスやイタリアは意外に少なく、日本よりも消費されていないそうです。

コメント(0) 

増税ラッシュ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218002/1
選挙に勝った途端に消費税以外の増税メニューを繰り出しています。

勝たせた結果がこれですが、そんなことは予想通り、あれこれと理由を付けて庶民から搾り取ることしか考えていません。

確かに環境保全とか、子供に負の遺産を残さないとか、その手の言葉には弱くて、必要なことなんだなと納得してしまいそうです。 しかし、政府は 国民の未来を真剣に考えているわけではありません。 心配しているのは自分たちのことだけです。

国民を甘く見下している彼らは、おそらく、今後は更に思い上がって、一見、有難く見えるような政策案を打ち出しては、高齢者までも巻き込んで搾り取れるだけ搾り取る暴挙に出てくると思われます。

自民党に投票した人たち、良かったですね。 と言うしかありません。

コメント(0) 

チャールズ・マンソン受刑者死亡

http://www.bbc.com/japanese/42048753
カリフォルニア州の病院で死亡、死因は自然死だということです。

ロマン・ポランスキー監督の奥さんで、女優のシャロン・テートさんなど、多数の惨殺を指示した人物で、死刑判決を受けたものの、1972年に州法で死刑が一時的に廃止され、その後、再び死刑制度が復活しましたが、マンソンは死刑を免れたままになっていたようです。

ロックに憧れていたらしく、監獄にいる間に歌を作って練習していました。 また、ビートルズの大ファンで「ホワイトアルバム」は、彼だけが理解できるメッセージだと信じていたそうです。 こうした勝手な思い上がりは この手の指導者にありがちで、カルトと呼ばれる宗教の教祖たちにも似たような傾向があります。

逮捕された後にも、マンソンは一部の人たちにブームとなっていたらしく、Tシャツやジャケット、子供服までも販売され、ロックバンドなどが彼の曲を歌ったりしていたようです。

良し悪しはともかく、ひとつの時代を象徴する人物だったと言うことですね。
さよなら

コメント(0) 

子供いない裕福な世帯は増税

https://this.kiji.is/303918861361874017
政府の2018年度税制改正で、子供のいない年収800万以上の世帯に対して増税を検討しています。

子供がいなくて年収800万の世帯なら、裕福だと言えば裕福な気がしますけど、該当する人からは、私たちは贅沢していない、死んでしまう、などの反発もあります。

多額の借金を抱えているなら死ぬかもしれませんけど殆んどは大袈裟だと思います。 
しかし、子供がいないから余裕があるという考え方はできません。 それぞれの世帯で事情が異なるだろうから本当に余裕がないのか、これまでの結構な生活に支障が出ることを懸念して不満なのかも判別できません。 また、今は余裕があるように見えても、子供がいないのですから、歳を取ったら助けてくれる身内がいないと言うことになります。 つまり、自分たちを守ってくれるのは長い年月をかけて蓄えてきたお金だけです。

もっとも、実の子がいたからと言って、その子が温かい手を差し伸べてくれるとは限りませんので、あまり当てにはしないほうが良いとは思います。

何れにせよ差別的ですし、気分の良くない増税案ではあります。
そもそも、政府が金無いと言うのは根本的に嘘ですから単純に納得できない話です。

コメント(0) 
前の10件 | -